地域支援事業の内容―介護予防事業 - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。

地域支援事業の内容―介護予防事業

介護予防事業とは

介護予防事業の定義・意味

要介護要支援状態になることを予防したり、要介護要支援状態となった場合でも、できる限り、地域において自立した日常生活を営むことができるよう支援する事業を地域支援事業といいます。

地域支援事業は、介護サービス介護予防サービスと並び、介護保険制度の3つの柱のひとつです。

地域支援事業とは

この地域支援事業の具体的内容として、次の3つの事業があります。

  1. 介護予防事業
  2. 包括的支援事業
  3. 任意事業

このうち、介護予防事業とは、要介護要支援状態になることの予防や、要介護要支援状態の軽減・悪化の防止をする事業です。

介護保険法 (地域支援事業第百十五条の四十四  …
 被保険者(第一号被保険者に限る。)の要介護状態等となることの予防又は要介護状態等の軽減若しくは悪化の防止のため必要な事業(介護予防サービス事業及び地域密着型介護予防サービス事業を除く。)

 

介護予防事業の目的・役割・意義・機能・作用

前述したように、介護予防事業は、高齢者が要介護要支援状態になることを予防することが目的です。

加えて、高齢化で増大する介護保険財政の伸びを抑えるという目的もあります。

予防の重視という観点から、要介護認定を受けていない高齢者も介護保険制度の対象とした取り組みです。

 

介護予防事業の対象者

介護予防事業の対象者は、二次予防事業の対象者(旧特定高齢者)と一次予防事業の対象者(旧一般高齢者)です。

二次予防事業の対象者特定高齢者)の詳細については、次のページを参照してください。

二次予防事業の対象者(特定高齢者)とは

 

介護予防事業の内容

介護予防事業は、その対象者によって、さらに次の2種類に分類されます。

  1. 一次予防事業(旧一般高齢者施策)…旧一般高齢者が対象
  2. 二次予防事業(旧特定高齢者施策)…旧特定高齢者が対象

詳細については、次のページを参照してください。

介護予防事業の内容

 

介護予防事業の位置づけ

前述したように、介護予防事業は、地域支援事業のひとつの事業です。

地域支援事業は、要支援認定や要介護認定を受けていない(つまり、まだ介護が必要ではない)、地域のすべての高齢者(=第1号被保険者)を対象にしています。

つまり、次のような関係になります。

一次予防事業の対象者(一般高齢者)
二次予防事業の対象者特定高齢者
要支援の高齢者
要介護の高齢者
一次予防事業 (一般高齢者施策)
二次予防事業特定高齢者施策)
介護予防サービス
介護サービス
介護予防事業

 

介護予防事業の実施主体

市区町村または地域包括支援センター介護予防事業の実施主体です。

 


| 現在のカテゴリ:介護予防事業 |

現在のカテゴリ:介護予防事業

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 9 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「介護予防事業」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 地域支援事業の内容―介護予防事業
  2. 地域支援事業の内容―介護予防事業の対象者―二次予防事業の対象者(特定高齢者)
  3. 地域支援事業の内容―介護予防事業の対象者―特定高齢者の認定―生活機能評価
  4. 地域支援事業の内容―介護予防事業の対象者―特定高齢者の認定―生活機能評価の内容①―基本チェックリスト
  5. 地域支援事業の内容―介護予防事業の対象者―特定高齢者の認定―生活機能評価の内容②―生活機能チェック
  6. 地域支援事業の内容―介護予防事業の対象者―特定高齢者の認定―生活機能評価の内容③―生活機能検査
  7. 地域支援事業の内容―介護予防事業の対象者―特定高齢者の認定―生活機能評価の手続き
  8. 地域支援事業の内容―介護予防事業―内容
  9. 地域支援事業の内容―介護予防事業―内容―通所型介護予防事業


関連コンテンツ
現在のカテゴリ:介護予防事業 の位置づけ

現在のカテゴリ:「介護予防事業」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー