施設サービス―居室のタイプ―ユニット型個室 - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。

施設サービス―居室のタイプ―ユニット型個室

ユニット型個室とは

ユニット型個室の定義・意味

ユニット型個室とは、介護保険施設特別養護老人ホームなどの老人福祉施設において、10人程度をひとつの生活単位(=ユニット)として、台所・食堂・浴室などの共用スペースが併設されている個室をいいます。

洗面所やトイレは個室にある場合と、共用の場合があります。

 

ユニット型個室の位置づけ

ユニット型個室は、介護保険施設特別養護老人ホームなどの老人福祉施設における居室のタイプのひとつです。

居室のタイプには、ユニット型個室も含め、次のようなものがあります。

 

ユニット型個室の目的・役割・意義・機能・作用

ユニット型個室は、個人の生活を尊重しながらも、 家族的な交流や見守りをできることを目的としています。

 

ユニット型個室の経緯・沿革・歴史など

厚生労働省は、特別養護老人ホームの居室のタイプを多床室(1部屋あたり4人以下の相部屋)からユニット型個室へ移行する方針を示しています。

 

ユニット型個室のメリットとデメリット

ユニット型個室のメリット・長所・利点・有利な点

 

ユニット型個室のデメリット・短所・弱点・不利な点

ユニット型個室には、次のようなデメリットがあります。

 

 


| 現在のカテゴリ:施設サービス |

現在のカテゴリ:施設サービス

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 8 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「施設サービス」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 施設サービス
  2. 施設サービスの分類・種類―介護福祉施設サービス
  3. 施設サービスの分類・種類―介護保健施設サービス
  4. 施設サービスの分類・種類―介護療養施設サービス
  5. 施設サービス―利用料金
  6. 施設サービス―居室のタイプ―ユニット型個室
  7. 施設サービス―居室のタイプ―従来型個室
  8. 施設サービス―居室のタイプ―多床室


関連コンテンツ
現在のカテゴリ:施設サービス の位置づけ

現在のカテゴリ:「施設サービス」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー