施設サービス―居室のタイプ―多床室 - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。

施設サービス―居室のタイプ―多床室

多床室とは

多床室の定義・意味

多床室とは、介護保険施設特別養護老人ホームなどの老人福祉施設において、相部屋となっているタイプの居室をいいます。

ただし、1部屋あたり4人以下です。

その他、共同の機能訓練室、食堂、浴室、談話室などが設けられています。

 

多床室の位置づけ

多床室は、介護保険施設における居室のタイプのひとつです。

居室のタイプには、多床室も含め、次のようなものがあります。

 

多床室の特色・特徴

多床室は、医療施設に多いタイプです。

 

多床室のメリットとデメリット

多床室のメリット・長所・利点・有利な点

 

多床室のデメリット・短所・弱点・不利な点

 

 


| 現在のカテゴリ:施設サービス |

現在のカテゴリ:施設サービス

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 8 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「施設サービス」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 施設サービス
  2. 施設サービスの分類・種類―介護福祉施設サービス
  3. 施設サービスの分類・種類―介護保健施設サービス
  4. 施設サービスの分類・種類―介護療養施設サービス
  5. 施設サービス―利用料金
  6. 施設サービス―居室のタイプ―ユニット型個室
  7. 施設サービス―居室のタイプ―従来型個室
  8. 施設サービス―居室のタイプ―多床室


関連コンテンツ
現在のカテゴリ:施設サービス の位置づけ

現在のカテゴリ:「施設サービス」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー