介護保険指定事業者―指定の更新 - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。

介護保険指定事業者―指定の更新

指定の更新」制度とは

指定の更新」制度の定義・意味

介護保険サービスを提供する事業者となるには、指定申請を行って、都道府県知事から指定(許可)を受ける必要があります。

厚生労働大臣が定める基準を満たしていると、指定を受けることができます。

ただし、介護サービスの質を確保するため、その指定には6年間という有効期間が定められています。

指定の更新」とは、介護サービス事業者が指定基準を遵守しているかを定期的(6年ごと)に確認して、指定の効力を引き続き有効にするための更新手続きをいいます。

指定の更新を受けなければ、指定の効力を失い、介護報酬の請求ができなくなります。

 

指定の更新」制度の経緯・沿革・歴史など

以前は、一度指定を受けると、違反などで指定が取り消されない限り、ずっと有効でした。

しかし、2006年(平成18年)4月の介護保険法の改正により、介護サービスの質を確保するという見地から、「指定の更新」制度が導入されました。

 


| 現在のカテゴリ:介護保険指定事業者 |

現在のカテゴリ:介護保険指定事業者

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 9 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「介護保険指定事業者」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 介護保険指定事業者
  2. 介護保険指定事業者―情報公開
  3. 介護保険指定事業者―情報公開―介護サービス情報公表システム
  4. 介護保険指定事業者―情報公開―介護サービス情報公表システム―介護サービス情報の公表制度
  5. 介護保険指定事業者―情報公開―介護サービス情報公表システム―介護サービス情報(公表される情報)
  6. 介護保険指定事業者―情報公開―WAM NET(ワムネット)
  7. 介護保険指定事業者―情報公開―福祉サービス第三者評価
  8. 介護保険指定事業者―情報公開―福祉サービス第三者評価―制度内容
  9. 介護保険指定事業者―指定の更新


関連コンテンツ
現在のカテゴリ:介護保険指定事業者 の位置づけ

現在のカテゴリ:「介護保険指定事業者」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー