②要介護認定―手続き―一次判定―主治医意見書 - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。

②要介護認定―手続き―一次判定―主治医意見書

主治医意見書とは

主治医意見書の定義・意味

市区町村が要介護認定要支援認定を含みます)を行う際には、被保険者の主治医から、疾病、負傷の状況などについて医学的な意見を求めることとされています。

そこで、申請者が要介護認定の申請をすると、これを受けて市区町村は、訪問調査の実施に加えて、要介護認定申請書で指定された医師(主治医)に対し、意見書(医師意見書)の作成を依頼します。

主治医意見書とは、この主治医が作成した意見書(医師意見書)のことをいいます。

 

主治医意見書の目的・役割・意義・機能・作用

要介護認定は、コンピュータによる一次判定と専門家による二次判定がなされます。

一次判定では、訪問調査の結果がコンピュータにかけられ、「要介護認定等基準時間」として算出されます。

そして、二次判定では、この一次判定結果に、訪問調査特記事項(調査対象者の状態を十分に表せない場合に、特記事項として、調査員が具体的な文章で状態を記録する欄)と、主治医意見書の内容を総合勘案し、一次判定結果を適宜修正するかたちで二次判定がなされます。

つまり、専門家による二次判定では、訪問調査特記事項主治医意見書がとても重要な資料となります。

したがって、たとえば、特記事項に記載がなく、主治医意見書にも主治医が積極的な意見を記載していない場合には、要介護度が低く認定されるおそれがあります。

 

要介護認定申請書には、主治医の名前を記載する欄があります。

そこで、ここに記載する先生には、あらかじめ本人の心身の状況などを伝えておくといいでしょう。

 


| 現在のカテゴリ:介護保険の手続き |

現在のカテゴリ:介護保険の手続き

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 30 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「介護保険の手続き」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 介護保険サービスを利用する手続き・手順・方法・仕方―どうすれば介護保険サービスを受けられるの
  2. 介護保険サービスを利用できるようになるまでの手続きの流れ・スケジュール・段取りの概要・概略・あらまし
  3. ①市区町村への要介護認定の申請の手続き―介護サービスを利用するための第一歩
  4. ①市区町村への要介護認定の申請の手続き―40歳以上65歳未満の人(第2号被保険者)の場合―特定疾患
  5. ①市区町村への要介護認定の申請の手続き―要介護認定申請書の書式・様式と書き方
  6. ②要介護認定
  7. ②要介護認定―手続きの流れ
  8. ②要介護認定―手続き―一次判定
  9. ②要介護認定―手続き―一次判定―訪問調査
  10. ②要介護認定―手続き―一次判定―訪問調査―認定調査票
  11. ②要介護認定―手続き―一次判定―訪問調査―認定調査票―特記事項
  12. ②要介護認定―手続き―一次判定―主治医意見書
  13. ②要介護認定―手続き―二次判定
  14. ②要介護認定―基準1―介護は必要か―要介護状態
  15. ②要介護認定―基準1―介護は必要か―要支援状態
  16. ②要介護認定―基準1―介護は必要か―非該当
  17. ②要介護認定―基準2―介護の必要の程度は―概要・概略・あらまし
  18. ②要介護認定―基準2―介護の必要の程度は―要介護状態区分(要介護度)
  19. ②要介護認定―基準2―介護の必要の程度は―要支援状態区分(要支援度)
  20. ②要介護認定―効果・効力
  21. ②要介護認定―評価
  22. ③認定結果の通知―認定結果通知書
  23. ④要介護者の場合―指定居宅介護支援事業者との契約(指定居宅介護支援事業者・ケアマネジャーの選択)
  24. ④要介護者の場合―指定居宅介護支援事業者との契約(指定居宅介護支援事業者・ケアマネジャーの選択)ーポイント
  25. ④要支援の場合―地域包括支援センターとの契約
  26. ⑤ケアプランの作成ーケアプラン(介護サービス計画・居宅介護サービス計画)
  27. ⑤ケアプランの作成ーケアプランー介護予防ケアプラン(介護予防サービス計画)
  28. 緊急の場合―介護保険サービスの前倒しの利用
  29. 要介護認定の更新・変更・転居手続き
  30. 要介護認定の結果に納得がいかない場合


関連コンテンツ
現在のカテゴリ:介護保険の手続き の位置づけ

現在のカテゴリ:「介護保険の手続き」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー