要介護認定の結果に納得がいかない場合 - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。



要介護認定の結果に納得がいかない場合

要介護認定の結果に納得がいかない場合の対応方法・対処法・手段

概要・概略・全体像

要介護認定の申請から1ヶ月以内に、市区町村から、認定結果=要介護度が記載された認定結果通知書が郵送されてきます。

自分が思っていたより要介護度が低く、不満がある場合もあります。

この場合、とりうる方法・手段としては、次の3つが考えられます。

  1. 市区町村の窓口に相談する
  2. 再審査の申し立てをする
  3. 更新時にあらためて実情を訴える

1.市区町村の窓口に相談する

認定結果に納得できない場合は、まずは市区町村の担当窓口へ問い合わせて説明を受けましょう。

2.再審査の申し立てをする

市区町村の担当窓口の説明にも納得できない場合、認定結果通知書を受け取ってから60日以内に、都道府県に設定されている介護保険審査会に、市区町村の窓口を通じて再審査の申し立てをすることもできます。

3.更新時にあらためて実情を訴える

再審査には時間がかかります。

また、必ずしもこちらの主張が通るとは限りません。

要介護認定には有効期限があります。

初めての認定の場合、有効期間は原則として6ヶ月、更新の場合は原則として12ヶ月となります。

そこで、 とりあえずは認定結果を受け入れて介護サービスを利用し、次の更新時にあらためて実情を訴えるというのも現実的な対処法といえます。

要介護認定の更新・変更・転居手続き



| 現在のカテゴリ:介護保険の手続き |

現在のカテゴリ:介護保険の手続き

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 30 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「介護保険の手続き」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 介護保険サービスを利用する手続き・手順・方法・仕方―どうすれば介護保険サービスを受けられるの
  2. 介護保険サービスを利用できるようになるまでの手続きの流れ・スケジュール・段取りの概要・概略・あらまし
  3. ①市区町村への要介護認定の申請の手続き―介護サービスを利用するための第一歩
  4. ①市区町村への要介護認定の申請の手続き―40歳以上65歳未満の人(第2号被保険者)の場合―特定疾患
  5. ①市区町村への要介護認定の申請の手続き―要介護認定申請書の書式・様式と書き方
  6. ②要介護認定
  7. ②要介護認定―手続きの流れ
  8. ②要介護認定―手続き―一次判定
  9. ②要介護認定―手続き―一次判定―訪問調査
  10. ②要介護認定―手続き―一次判定―訪問調査―認定調査票
  11. ②要介護認定―手続き―一次判定―訪問調査―認定調査票―特記事項
  12. ②要介護認定―手続き―一次判定―主治医意見書
  13. ②要介護認定―手続き―二次判定
  14. ②要介護認定―基準1―介護は必要か―要介護状態
  15. ②要介護認定―基準1―介護は必要か―要支援状態
  16. ②要介護認定―基準1―介護は必要か―非該当
  17. ②要介護認定―基準2―介護の必要の程度は―概要・概略・あらまし
  18. ②要介護認定―基準2―介護の必要の程度は―要介護状態区分(要介護度)
  19. ②要介護認定―基準2―介護の必要の程度は―要支援状態区分(要支援度)
  20. ②要介護認定―効果・効力
  21. ②要介護認定―評価
  22. ③認定結果の通知―認定結果通知書
  23. ④要介護者の場合―指定居宅介護支援事業者との契約(指定居宅介護支援事業者・ケアマネジャーの選択)
  24. ④要介護者の場合―指定居宅介護支援事業者との契約(指定居宅介護支援事業者・ケアマネジャーの選択)ーポイント
  25. ④要支援の場合―地域包括支援センターとの契約
  26. ⑤ケアプランの作成ーケアプラン(介護サービス計画・居宅介護サービス計画)
  27. ⑤ケアプランの作成ーケアプランー介護予防ケアプラン(介護予防サービス計画)
  28. 緊急の場合―介護保険サービスの前倒しの利用
  29. 要介護認定の更新・変更・転居手続き
  30. 要介護認定の結果に納得がいかない場合


関連コンテンツ

現在のカテゴリ:介護保険の手続き の位置づけ

現在のカテゴリ:「介護保険の手続き」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー