介護保険料の納め方―実際にはどうやって支払うの? - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。

介護保険料の納め方―実際にはどうやって支払うの?

介護保険料は実際にはどうやって支払うの?

被保険者は、65歳以上の第1号被保険者と、40歳以上65歳未満の第2号被保険者とに分類されますが、それぞれ保険料とその納め方(徴収方法)が異なります。

ここでは、保険料の納め方についてまとめてみます。

 

65歳以上の人(第1号被保険者)の場合

65歳以上の人は、介護保険料と医療保険料を別々に支払います。

そして、介護保険料の納め方ですが、以下のとおり、もらっている年金額に応じて、特別徴収または普通徴収の方法で支払うことになります。

 

年金が年18万円(月額1万5千円)以上の人―特別徴収

介護保険料は、老齢・退職年金、遺族年金、障害年金から天引きされます。

つまり、年金から天引き(特別徴収)されるということです。

 

年金が年18万円(月額1万5千円)以下の人など―普通徴収

市区町村が個人から直接保険料を徴収します。

つまり、口座振替などで介護保険料を納める(普通徴収)ことになります。

 

40歳~64歳の人(第2号被保険者)の場合

40歳~64歳の人の場合、介護保険料は、加入している医療保険(健康保険や国民健康保険)の保険料と一緒に納めます(あわせて徴収されます)。

したがって、サラリーマンであれば、給料から健康保険料とあわせて天引きされ(特別徴収)、自営業者であれば、口座振替などで国民健康保険料とあわせて介護保険料を納める(普通徴収)ことになります。

 


| 現在のカテゴリ:介護保険の費用①―介護保険料 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「介護保険の費用①―介護保険料」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 介護保険料
  2. 介護保険料―分類―第1号被保険者の介護保険料
  3. 介護保険料―分類―第2号被保険者の介護保険料
  4. 介護保険料の納め方―徴収方法
  5. 介護保険料の納め方―実際にはどうやって支払うの?
  6. 介護保険料を滞納した場合


関連コンテンツ
現在のカテゴリ:介護保険の費用①―介護保険料 の位置づけ

現在のカテゴリ:「介護保険の費用①―介護保険料」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー