介護保険制度の保険者(経営・運営主体) - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。

介護保険制度の保険者(経営・運営主体)

保険者とは

保険者の定義・意味・意義

一般に、保険者とは、保険事業を自己の事業として行い、自己の計算において保険料を徴収して保険給付を行い、その他保険事業に付随する業務を行うものをいいます。

つまり、保険事業を経営・運営する主体のことです。

 

介護保険制度における保険者

市区町村

介護保険法により、介護保険制度の保険者は市区町村(市町村・特別区)とされています。

介護保険法
保険者
第三条  市町村及び特別区は、この法律の定めるところにより、介護保険を行うものとする。

 

介護保険制度のその他関係機関

介護保険法は、介護保険に関わる関係者として、さらに国、都道府県、医療保険者をあげています。

また、市区町村の責任で設置される地域包括支援センター在宅介護支援センター)という組織もあります。

介護保険制度の関係機関

 

そして、実際に介護保険サービスを提供することになるのは、民間の事業者です。

介護サービス事業者

 

保険者と関係・関連する概念

被保険者

保険者に対して、介護保険料を納め、介護保険サービスを利用する資格がある者のことを被保険者といいます。



カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 8 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「介護保険の保険者(実施主体)と関係機関」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 介護保険制度の保険者(経営・運営主体)
  2. 介護保険制度の関係機関
  3. 介護保険制度の関係機関―地域包括支援センター
  4. 介護保険制度の関係機関―地域包括支援センター―事業―総合的な相談・支援事業
  5. 介護保険制度の関係機関―地域包括支援センター―事業―介護予防ケアマネジメント事業
  6. 介護保険制度の関係機関―地域包括支援センター―事業―権利擁護事業
  7. 介護保険制度の関係機関―在宅介護支援センター
  8. 介護保険制度の関係機関―介護認定審査会


関連コンテンツ
現在のカテゴリ:介護保険の保険者(実施主体)と関係機関 の位置づけ

現在のカテゴリ:「介護保険の保険者(実施主体)と関係機関」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー