認知症―症状―周辺症状―陰性症状 - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。

認知症―症状―周辺症状―陰性症状

陰性症状とは

はじめに

認知症の人にみられる症状は、次の2つに大別されます。

認知症の症状

 

そのうち、周辺症状については、さらに陰性症状陽性症状に分類される場合もあります。

周辺症状の分類・種類(具体例)

 

このページでは、このうち陰性症状についてまとめています。

 

陰性症状の定義・意味(具体例)

陰性症状とは、無気力(だらける・ダラーとする、意欲・元気がでない)・無関心・抑うつ・食欲低下といった症状をいいます。

 

具体的には、表情がなくなった、喜怒哀楽が感じられない、しゃべらなくなった、ふさぎ込んでいる、外出したり、他人と交流することを嫌うようになったなどの症状がみられます。

 

陰性症状の対策・対処法・治療・治し方

フェルガード

フェルガードは、臨床現場で、基本的には陰性症状に対して元気を出す方向に働くことが実証されています。

また、陰性症状の強い認知症患者にフェルラ酸を使用し効果を認めたことを報告している論文もあります。

 


| 現在のカテゴリ:認知症とは |

現在のカテゴリ:認知症とは

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 12 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「認知症とは」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 認知症
  2. 認知症―分類
  3. 認知症―分類―アルツハイマー型認知症
  4. 認知症―分類―アルツハイマー型認知症―特色
  5. 認知症―分類―アルツハイマー型認知症―仕組み
  6. 認知症―分類―レビー小体型認知症
  7. 認知症―症状
  8. 認知症―症状―中核症状
  9. 認知症―症状―中核症状―実行機能障害(遂行機能障害)
  10. 認知症―症状―周辺症状
  11. 認知症―症状―周辺症状―陰性症状
  12. 認知症―症状―周辺症状―陽性症状


関連コンテンツ
現在のカテゴリ:認知症とは の位置づけ

現在のカテゴリ:「認知症とは」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー