ホームヘルプサービス - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。

ホームヘルプサービス

ホームヘルプサービスとは

ホームヘルプサービスの定義・意味

ホームヘルプサービスとは、ホームヘルパー(訪問介護員)が自宅を訪問して、入浴、排せつ、食事等の介護(=身体介護)や日常生活上の世話・支援(=生活援助)を行うサービスをいいます。

要介護者が受ける訪問介護要支援者が受ける介護予防訪問介護の総称です。

介護保険法
第八条
この法律において「訪問介護」とは、要介護者であって、居宅(老人福祉法 (昭和三十八年法律第百三十三号)第二十条の六 に規定する軽費老人ホーム、同法第二十九条第一項 に規定する有料老人ホーム(第十一項及び第十九項において「有料老人ホーム」という。)その他の厚生労働省令で定める施設における居室を含む。以下同じ。)において介護を受けるもの(以下「居宅要介護者」という。)について、その者の居宅において介護福祉士その他政令で定める者により行われる入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話であって、厚生労働省令で定めるもの(夜間対応型訪問介護に該当するものを除く。)をいう。

第八条の二
2  この法律において「介護予防訪問介護」とは、要支援者であって、居宅において支援を受けるもの(以下「居宅要支援者」という。)について、その者の居宅において、その介護予防(身体上又は精神上の障害があるために入浴、排せつ、食事等の日常生活における基本的な動作の全部若しくは一部について常時介護を要し、又は日常生活を営むのに支障がある状態の軽減又は悪化の防止をいう。以下同じ。)を目的として、介護福祉士その他政令で定める者により、厚生労働省令で定める期間にわたり行われる入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の支援であって、厚生労働省令で定めるものをいう。

 

ホームヘルプサービスの目的・役割・意義・機能・作用

ホームヘルプサービスは、住み慣れた家で生活を続けたい・続けさせたいという本人や家族等の期待に応えるためのサービスです。

要介護度の低い人から高い人まで幅広く利用できます。

本人の日常生活を支えるともに、その家族の介護負担も軽減してくれるサービスで、居宅サービスの中心的役割をになっています。

 

ホームヘルプサービスの位置づけ・体系

居宅サービス

ホームヘルプサービス居宅サービスに位置づけられますが、そのうちもっとも需要が高い介護保険サービスです。

 


| 現在のカテゴリ:は行 |

現在のカテゴリ:は行

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「は行」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 病床
  2. ホームヘルプサービス


関連コンテンツ
現在のカテゴリ:は行 の位置づけ

現在のカテゴリ:「は行」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー