ショートステイ―実態 - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。

ショートステイ―実態

ショートステイの実態・実情

申込み

ショートステイの申し込みはケアマネジャーを通して行います。

空きがないときはキャンセル待ちが可能です。

 

利用日数

介護保険制度では、ショートステイで連続して宿泊できるのは30日を超えない日数となっています。

したがって、30日経ったところでいったん利用をやめる必要があります。

ショートステイを30日を超えて連続利用したい場合には、31日目を自費扱いにすることで、32日目からまた30日を超えない日数連続利用することも可能です。

市町村によっては一定の場合に30日を超える連続利用を認めているところもあるようです。

 

ただし、実際には、月に1週間ほどの利用が一般的なようです。

 

利用者

要介護度

要介護3・4といった介護状態が比較的重度の人の利用が多いようです。

 

リピーター

ショートステイではリピーターの利用が多く、新規の受け入れは少ないのが現状のようです。

 

都心部での高いニーズ

ショートステイは特に都心部で高いニーズがあります。

 

部屋

部屋は一般的には個室から4人部屋まであります。

 



カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「居宅サービス―施設に泊まって受ける」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. ショートステイ(短期入所・施設に短期間入所して受けるサービス)
  2. ショートステイ―実態
  3. ショートステイ―利用料金
  4. ショートステイ―種類―短期入所生活介護
  5. ショートステイ―種類―短期入所生活介護―サービス利用の注意点・ポイント
  6. ショートステイ―種類―短期入所療養介護


関連コンテンツ
現在のカテゴリ:居宅サービス―施設に泊まって受ける の位置づけ

現在のカテゴリ:「居宅サービス―施設に泊まって受ける」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー