訪問サービス―訪問リハビリテーション―サービス利用の注意点・ポイント - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。



訪問サービス―訪問リハビリテーション―サービス利用の注意点・ポイント

訪問リハビリテーションを利用する場合の注意点・ポイント

訪問リハビリテーションを利用する場合は、次のような点に注意しましょう。

1.訪問サービス通所サービスをうまく使い分けましょう

訪問リハビリテーションのメリットとデメリット

訪問リハビリテーションでは、理学療法士や作業療法士などといったリハビリテーションの専門スタッフが自宅を訪問してくれるので、個別対応をしてもらえますし、リラックスした環境でリハビリを受けることができます。

何よりも、自分が普段使っている椅子、机、寝具、トイレ、階段等といった実際の生活の場で、生活に即したリハビリテーションが受けられるというのは大きなメリットです。

また、家族も実生活における介助方法の指導を受けることができることもメリットのひとつです。

ただし、リハビリテーションは、通所介護通所リハビリテーションといった施設に通う通所サービスでも受けることができます

こうした施設におけるリハビリテーションでは、やはりリハビリ機器が充実しているというメリットがあります。

訪問と通所のメリットとデメリットを理解したうえ、ケアマネジャーとよく相談をし、両者を上手に使い分けましょう。

2.退院後のリハビリテーションにも活用できます

医療機関に入院して、リハビリを受けることがあります。

しかし、医療保険が適用できるリハビリ期間は限定されています。

そのため、医療保険で受けられるリハビリが打ち切られたあとも継続してリハビリを受けるには、全額自費で負担するか、介護サービスを利用することになります。

介護サービスを利用する場合には、訪問看護訪問リハビリテーション、そして、通所介護通所リハビリテーションなど実際に利用することができるサービスの中から、入院中にリハビリテーション計画を立てておきましょう。



| 現在のカテゴリ:居宅サービス―自宅で受ける |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 26 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「居宅サービス―自宅で受ける」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 訪問サービス
  2. 訪問サービス―訪問介護とは
  3. 訪問サービス―訪問介護―サービス内容
  4. 訪問サービス―訪問介護―サービス内容―身体介護
  5. 訪問サービス―訪問介護―サービス内容―生活援助(家事援助)
  6. 訪問サービス―訪問介護―範囲
  7. 訪問サービス―訪問介護―範囲―介護タクシー
  8. 訪問サービス―訪問入浴介護とは
  9. 訪問サービス―訪問入浴介護―サービス利用の注意点・ポイント
  10. 訪問サービス―訪問入浴介護―サービスの流れ
  11. 訪問サービス―訪問看護とは
  12. 訪問サービス―訪問看護―サービス内容
  13. 訪問サービス―訪問看護―利用料金
  14. 訪問サービス―訪問リハビリテーションとは
  15. 訪問サービス―訪問リハビリテーション―サービス利用の注意点・ポイント
  16. 訪問サービス―居宅療養管理指導とは
  17. 訪問サービス―居宅療養管理指導―支給金額
  18. 福祉用具貸与
  19. 福祉用具貸与―利用料金
  20. 特定福祉用具販売(福祉用具購入費の支給)
  21. 特定福祉用具販売―支給金額
  22. 特定福祉用具販売―申請手続き
  23. 住宅改修とは
  24. 住宅改修―支給金額
  25. 住宅改修―申請手続き
  26. 住宅改修―注意点・ポイント


関連コンテンツ

現在のカテゴリ:居宅サービス―自宅で受ける の位置づけ

現在のカテゴリ:「居宅サービス―自宅で受ける」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー