特定施設入居者生活介護―サービス利用の注意点・ポイント - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。

特定施設入居者生活介護―サービス利用の注意点・ポイント

特定施設入居者生活介護を利用する場合の注意点・ポイント

特定施設入居者生活介護を利用する場合のポイントは、次のとおりです。

1.提供されるサービスを確認しましょう

内部提供型の場合

内部提供型の特定施設入居者生活介護では、すべて施設にお任せとなります。

ただし、施設によって提供できるサービスが異なりますので、注意しましょう。

また、内部提供型では、福祉用具貸与は利用できません。

 

外部サービス利用型

外部サービス利用型の特定施設入居者生活介護では、訪問系サービス、通所系サービス、福祉用具貸与が利用できます。

利用料金も、通常の居宅サービスの場合よりも1割程度安く設定されています。

ただし、施設が契約している介護サービス事業者の中から選ぶことになりますので、この点注意しましょう。

 

2.利用料金を確認しましょう

特定施設入居者生活介護には、内部提供型と外部サービス利用型の2種類がありますが、どちらを利用するにせよ、個々に介護サービス事業者を選んで契約するというわずらわしさがありません。

しかし、その反面、丼(どんぶり)勘定になりやすいおそれがあります。

提供されるサービスの中に無駄なもの・不要なものがないか、きちんとチェックしておきましょう。

 


| 現在のカテゴリ:居宅サービス―特定施設で受ける |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「居宅サービス―特定施設で受ける」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 特定施設入居者生活介護―特定施設入居者生活介護とは
  2. 特定施設入居者生活介護―利用料金
  3. 特定施設入居者生活介護―サービス利用の注意点・ポイント


関連コンテンツ
現在のカテゴリ:居宅サービス―特定施設で受ける の位置づけ

現在のカテゴリ:「居宅サービス―特定施設で受ける」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー