認知症対応型共同生活介護(グループホーム)―設置基準 - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。



認知症対応型共同生活介護(グループホーム)―設置基準

認知症対応型共同生活介護の設置基準

人員基準

職員は、入居者3人あたり1人の割合で配置されます。

夜間も職員が常駐し、24時間体制となります。

設備基準

居室は個室で、ユニット(5人以上9人以下の単位の共同生活住居・共用スペース)ごとに台所、食堂、浴室などを共有して共同生活をします。

居室

居室については、原則として個室となります。

ただし、夫婦で利用する場合は2人部屋も認められています。

プライバシーが確保されることで、穏やかな人間関係が保たれます。

ユニット(共同生活住居 共用スペース)

1つの事業所あたり、ユニットの数は2以下で、1ユニットは、定員が5人以上9人以下となります。

ユニットには台所、食堂、浴室などが設置され、自分でできることはやりながら、互いに協力し助け合って共同生活をします。

洗面所、トイレは個室に設置されている場合もあります。



| 現在のカテゴリ:地域密着型サービス |

現在のカテゴリ:地域密着型サービス

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 19 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「地域密着型サービス」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 地域密着型サービス
  2. 夜間対応型訪問介護―夜間対応型訪問介護とは
  3. 夜間対応型訪問介護―利用料金
  4. 夜間対応型訪問介護―サービス利用の注意点・ポイント
  5. 認知症対応型通所介護
  6. 認知症対応型通所介護―利用料金
  7. 小規模多機能型居宅介護―小規模多機能型居宅介護とは
  8. 小規模多機能型居宅介護―利用料金
  9. 小規模多機能型居宅介護―制限・制約
  10. 小規模多機能型居宅介護―メリットとデメリット
  11. 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)
  12. 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)―目的・役割・意義・機能・作用
  13. 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)―サービス内容
  14. 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)―利用料金
  15. 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)―サービス利用の注意点・ポイント
  16. 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)―設置基準
  17. 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)―経営・事業
  18. 地域密着型特定施設入居者生活介護―地域密着型特定施設入居者生活介護とは
  19. 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護―地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護とは


関連コンテンツ

現在のカテゴリ:地域密着型サービス の位置づけ

現在のカテゴリ:「地域密着型サービス」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー