地域密着型介護予防サービス - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。

地域密着型介護予防サービス

地域密着型介護予防サービスとは

地域密着型介護予防サービスの定義・意味

地域密着型介護予防サービスとは、要支援者が住み慣れた自宅や地域での生活が継続できるための介護予防サービスです。

地域ごとの実情に応じた柔軟な体制で介護予防サービスが提供され、その地域の住民だけが受けられます。

したがって、市区町村によっては実施しているサービスの種類に違いがあります。

また、地域密着型介護予防サービスを実施していない市区町村もあります。

 

地域密着型介護予防サービスの制定過程・経緯・沿革など

地域密着型介護予防サービスは、介護保険法の改正により、平成18年度に創設された、新しい介護予防サービス体系です。

 

地域密着型介護予防サービスの特色・特徴

利用者は地域の住民のみ

先述したように、地域密着型介護予防サービスを利用できるのは、その地域の住民だけです。

 

小規模な施設

地域密着型介護予防サービスでは、利用者が家庭的な雰囲気の中で過ごせるよう、小規模な施設となっています。

 

地域密着型介護予防サービスの分類・種類

地域密着型介護予防サービスには、次の3種類のサービスがあります。

  1. 介護予防認知症対応型通所介護
  2. 介護予防小規模多機能型居宅介護
  3. 介護予防認知症対応型共同生活介護

 


| 現在のカテゴリ:地域密着型介護予防サービス |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「地域密着型介護予防サービス」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 地域密着型介護予防サービス
  2. 介護予防認知症対応型通所介護とは

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:地域密着型介護予防サービス の位置づけ

現在のカテゴリ:「地域密着型介護予防サービス」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー