治療―薬―メマリー―用法・処方 - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。

治療―薬―メマリー―用法・処方

メマリーの用法・処方(用量・服用方法など)

原則―製薬会社(第一三共)による用法・処方

用量

メマリーは、1日1回5mgから開始し、その後1週間ごとに5mgずつ増やしていき、最終的には維持量として1日1回20mgを服用するようにします。

なお、メーカーの第一三共では、臨床試験の結果からメマリーは20mgにまで増やさないと効果がないとしています。

 

服用方法(服用時・服用回数など)

増量しても朝1回で服用します。

 

 

コウノメソッド

コウノメソッドとは、名古屋フォレストクリニック院長の河野和彦先生が開発された認知症の体系的な治療法です。

以下は、河野先生が、ご自身のブログ(ドクターコウノの認知症ブログ)で、メマリーの用法・処方について書いておられる部分の要約です。

 

用量
最低処方量

メマリーの最低有効量は、1.25mgであるとし、薬剤過敏患者には2.5mgを推奨しています。

 

最低有効量

第一三共は、臨床試験の結果からメマリーは20mgに達しないと効かないと思っていたらしいが、現在全国からぞくぞくと5mgで効いたという報告が相次いでいるといいます。

 

増量方法

河野先生は、間違いなく言えることはメマリーの1週間ごとの増量は早すぎるといいます。

これは、アリセプト(エーザイ)が作った悪しき慣例とまでいっています。

 

服用方法(服用時・服用回数など)
服用時

メマリーは興奮性がなく、何時に飲んでもいいので、めまい対策に寝る前に服用することも一つの方法であるとしています。

 

服用回数

たとえば、2週目に10mgに増量する場合、これを1度に服用するのではなく、危険分散のためには、5mgを2回飲ませたほうが安全としています。

 


| 現在のカテゴリ:認知症の診断・治療 |

現在のカテゴリ:認知症の診断・治療

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 14 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「認知症の診断・治療」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 医療機関―認知症疾患医療センター
  2. 医療機関―認知症疾患医療センター―認知症の診断
  3. 診断―知能検査―時計描画テスト
  4. 診断―知能検査―改訂長谷川式簡易知能評価スケール
  5. 診断―画像検査―SPECT(スペクト)
  6. 治療―薬―アリセプト
  7. 治療―薬―アリセプト―用法・処方
  8. 治療―薬―アリセプト―研究・実験・臨床試験の報告・論文など
  9. 治療―薬―アリセプト―研究・実験・臨床試験の報告・論文など―アリセプトとメマリー
  10. 治療―薬―メマリー
  11. 治療―薬―メマリー―用法・処方
  12. 治療―薬―レミニール
  13. 治療―サプリメント―フェルガード
  14. 治療法―コウノメソッド


関連コンテンツ
現在のカテゴリ:認知症の診断・治療 の位置づけ

現在のカテゴリ:「認知症の診断・治療」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー