高額な利用料に歯止めをかける制度②―高額医療・高額介護合算療養費制度 - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。

高額な利用料に歯止めをかける制度②―高額医療・高額介護合算療養費制度

(" 高額医療・高額介護合算療養費制度 "から複製)

高額医療・高額介護合算療養費制度とは

高額医療・高額介護合算療養費制度の定義・意味・意義

高額医療・高額介護合算療養費制度とは、1年間の医療費と介護費の自己負担の合計額が一定の限度額を超えた場合、超えた分が「高額医療・高額介護合算療養費」として、健康保険の保険者(社会保険であれば「協会けんぽ」)と介護保険者から、払い戻しを受けることができる制度です。

簡単にいえば、医療費と介護費が高額になった場合に払い戻しをしてくれる制度です。

 

高額医療・高額介護合算療養費制度の趣旨・目的・役割・機能

医療費が高額になった場合には高額療養費制度、介護費が高額になった場合には高額介護サービス費制度により、毎月の自己負担額には歯止めがかけられています(限度額があります)。

高額介護サービス費制度については、次のサイトのページを参照してください。

高額な利用料に歯止めをかける制度―高額介護サービス費 - 介護保険

 

しかし、それぞれの制度が適用されても、両方をあわせると、年間では100万円を超えることもあり、かなりの経済的負担となります。

そこで、高額医療・高額介護合算療養費制度は、医療費と介護費の合算額にも限度額を設け、負担を大幅に軽減することを目的としたものです。

 

高額医療・高額介護合算療養費制度の経緯・沿革・歴史など

高額医療・高額介護合算療養費制度は、2008年(平成20年)4月から始まった制度です。

 



カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 10 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「介護保険の費用③―負担を軽減してくれる制度」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 高額な利用料に歯止めをかける制度①―高額介護サービス費
  2. 高額な利用料に歯止めをかける制度①―高額介護サービス費―利用者負担上限額
  3. 高額な利用料に歯止めをかける制度②―高額医療・高額介護合算療養費制度
  4. 介護保険料・利用料を減免する制度
  5. 介護保険料・利用料を減免する制度―介護保険料の軽減
  6. 介護保険料・利用料を減免する制度―利用料の減免―負担限度額(介護負担限度額)
  7. 介護保険料・利用料を減免する制度―利用料の減免―負担限度額(介護負担限度額)―食費・居住費の軽減
  8. 介護保険料・利用料を減免する制度―利用料の減免―低所得者のための利用料の軽減
  9. 介護保険料・利用料を減免する制度―利用料の減免―災害や病気などの特別な理由・事情による利用料の減免
  10. 税金が控除される制度―医療費控除


関連コンテンツ
現在のカテゴリ:介護保険の費用③―負担を軽減してくれる制度 の位置づけ

現在のカテゴリ:「介護保険の費用③―負担を軽減してくれる制度」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー