病床 - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。

病床

(" 医療機関―基礎知識―病床 "から複製)

病床とは

病床の定義・意味・意義

病床とは、患者を入院させることができる施設・設備をいいます。

医療法上、医療サービス(医業・歯科医業)を行う医療機関としては、病院と診療所だけと規定されていますが、病院と診療所の区分は、基本的には病床の有無によります。

病院と診療所の違い

 

病床の分類・種類

医療法により、病床は次の5種類に区分されています。

  1. 結核病床
  2. 精神病床
  3. 感染症病床
  4. 一般病床
  5. 療養病床

 

一般病床

一般病床とは、病気やケガなどで緊急入院するなど急性期の患者を対象とする病床のことです。

 

療養病床

療養病床とは、長期にわたり療養を必要とする患者を対象とする病床のことです。

 


| 現在のカテゴリ:は行 |

現在のカテゴリ:は行

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「は行」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 病床
  2. ホームヘルプサービス

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:は行 の位置づけ

現在のカテゴリ:「は行」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー