排泄ケア―住宅改修―トイレ改修 - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。

排泄ケア―住宅改修―トイレ改修

トイレ改修

トイレ改修の方法・手段・仕方・やり方

洋式便器

和式トイレを洋式トイレに取り替えることで、使用時の体の負担を軽減できます。

トイレのドアの方式

トイレのドアは引き戸または外開きにします。

内開きでは、トイレで何かあった場合には、身体がじゃまになってドアを開けることができなくなるからです。

引き戸

車椅子の人でも使いやすいドアは引き戸です。

介護保険を利用すれば、20万円(うち利用者負担は1割)を限度に、トイレのドアを引き戸に取り替えるための費用が支給されます。

住宅改修とは

ただし、取り替え工事にはドア1枚で10万円前後かかる場合もあり、コストはかかります。

トイレのドアの広さ

車椅子を利用している場合、トイレのドアが狭いため、出入りができないこともあります。

この場合、ドアを広くする工事をしなくても、車輪とハンドリム(外側の輪。これを両手で回すことで車輪を回転させる)のすき間が小さい等、幅の狭い車椅子を利用することで、出入りが可能になる場合もあります。

手すり

便器からの立ち座り、衣服の着脱、車椅子から便器への移乗(乗り移ること)などのサポートのため、手すりをつけます。


| 現在のカテゴリ:排泄ケア |

現在のカテゴリ:排泄ケア

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 8 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「排泄ケア」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 排泄障害・排尿障害―尿失禁
  2. 排泄障害・排尿障害―尿失禁―機能性尿失禁
  3. 排泄ケア
  4. 排泄ケア―専門家―オムツフィッター
  5. 排泄ケア―福祉用具―尿取りパッド(尿とりパッド)
  6. 排泄ケア―福祉用具―車椅子
  7. 排泄ケア―住宅改修―トイレ改修
  8. 排泄ケア―方法―自己導尿


関連コンテンツ
現在のカテゴリ:排泄ケア の位置づけ

現在のカテゴリ:「排泄ケア」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー