排泄ケア―方法―自己導尿 - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。

排泄ケア―方法―自己導尿

自己導尿

自己導尿とは

自己導尿とは、カテーテルを使用して排泄する方法をいいます。

自己導尿の趣旨・目的・役割・機能

自己導尿は、排尿困難により自力で(完全に)排尿できない場合に、腎機能障害を予防する等のために行われます。

また、排尿機能に問題がなくても、たとえば、足腰の障害により車椅子を使用していて自力でトイレに行けない場合などにおいても、自己導尿を行うことにより、自分で車椅子の上で排尿することが可能となります。

自己導尿の方法・仕方・やり方

カテーテル

自己導尿は自分で尿道から膀胱内にシリコン製の細いカテーテルを挿入して行います。

カテーテルは男性用と女性用とがあり、それぞれ長さや形状が異なります。


| 現在のカテゴリ:排泄ケア |

現在のカテゴリ:排泄ケア

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 8 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「排泄ケア」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 排泄障害・排尿障害―尿失禁
  2. 排泄障害・排尿障害―尿失禁―機能性尿失禁
  3. 排泄ケア
  4. 排泄ケア―専門家―オムツフィッター
  5. 排泄ケア―福祉用具―尿取りパッド(尿とりパッド)
  6. 排泄ケア―福祉用具―車椅子
  7. 排泄ケア―住宅改修―トイレ改修
  8. 排泄ケア―方法―自己導尿


関連コンテンツ
現在のカテゴリ:排泄ケア の位置づけ

現在のカテゴリ:「排泄ケア」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー