看取り介護 - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。

看取り介護

看取り介護とは

看取り介護の定義・意味

看取り介護とは、福祉系の施設内において、最後を迎えるための介護サービスをいう。

看取り介護の実態・実情・現況・現状

施設で最後を迎えることを希望する本人や家族が増加しているという。

看取り介護介護保険制度上の取り扱い

看取り介護加算

介護老人福祉施設特別養護老人ホーム特養)・介護老人保健施設老健施設老健)・グループホームといった施設で看取り介護を行った場合は、看取り介護加算が認められている。

また、従来、特定施設では看取り介護加算が認められていなかったが、平成24年度(2012年)の報酬改定で認められるようになった。

なお、終末期の介護に関する加算の項目名はターミナル加算看取り介護加算の2つがある。

そして、ターミナル加算は医療系の介護サービスで、そして看取り介護加算は福祉系の介護サービスに適用される。


| 現在のカテゴリ:看取り介護 |

現在のカテゴリ:看取り介護

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 1 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「看取り介護」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 看取り介護

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:看取り介護 の位置づけ

現在のカテゴリ:「看取り介護」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー