介護保険被保険者証(介護保険証) - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。

介護保険被保険者証(介護保険証)

介護保険被保険者証とは

介護保険被保険者証の定義・意味・意義

介護保険被保険者証(かいごほけんひほけんしゃしょう)とは、介護保険への加入を証明するために発行・交付される証明書をいう。

介護保険被保険者証の別名・別称・通称など

介護保険証

介護保険被保険者証は、単に介護保険証と呼ばれることもある。

介護保険被保険者証の交付

介護保険被保険者証第1号被保険者(65歳以上の者)全員に交付される。

また、第2号被保険者(40歳以上65歳未満)には、介護認定を受けた場合に交付される。

介護保険被保険者証の趣旨・目的・役割・機能

介護保険被保険者証には介護保険サービスを利用するために必要な情報等が記載されている。

そして、介護保険サービスを受ける際には、被保険者証の提示が必要になる。

ただし、介護保険の場合、第1号被保険者については、介護保険被保険者証が交付されたからといって、健康保険証のようにすぐに介護保険サービスを受けることができるようになったことを意味しない。

介護保険サービスを受けるには、市区町村に対して要介護認定の申請の手続きを行って要介護認定を受ける必要がある。



カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 1 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「介護保険証(介護保険被保険者証)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 介護保険被保険者証(介護保険証)

関連コンテンツ
現在のカテゴリ:介護保険証(介護保険被保険者証) の位置づけ

現在のカテゴリ:「介護保険証(介護保険被保険者証)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー