[介護]介護保険: 介護保険の費用③―負担を軽減してくれる制度

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。



介護保険の費用③―負担を軽減してくれる制度

「介護保険の費用③―負担を軽減してくれる制度」カテゴリのコンテンツ

介護保険の費用③―負担を軽減してくれる制度」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 10 ページあります。

  1. 高額な利用料に歯止めをかける制度①―高額介護サービス費

    高額介護サービス費とは、利用料が1世帯の1カ月あたりの上限額(=利用者負担上限額)を超えた場合、その超過分を高額介護サービス費として支給する制度をいい、医療保険における高額療養費制度に相当する制度である。
  2. 高額な利用料に歯止めをかける制度①―高額介護サービス費―利用者負担上限額

    利用者負担上限額とは、1世帯の1カ月あたりの介護保険の利用料の上限額をいう。介護保険の利用料が利用者負担上限額を超えた場合、申請をすれば、その超過分が高額介護サービス費として指定した口座に払い戻される。
  3. 高額な利用料に歯止めをかける制度②―高額医療・高額介護合算療養費制度

    (複製)高額医療・高額介護合算療養費制度とは 高額医療・高額介護合算療養費制度の定義・意味・意義 高額医療・高額介護合算療養費制度とは、1年間の医療費と介護費の自己負担の合計額が一定の限度額を超えた場合、超え...
  4. 介護保険料・利用料を減免する制度

    介護保険料・利用料を減免(軽減または免除)する制度 介護保険制度には、介護保険料や利用料を減免(軽減または免除)するための制度があります。 こうした制度は本人が申請しないと、その恩恵を被ることはできま...
  5. 介護保険料・利用料を減免する制度―介護保険料の軽減

    介護保険料の軽減 介護保険料は、65歳以上の第1号被保険者については市区町村が、そして、40歳以上65歳未満の第2号被保険者については加入している医療保険の保険者(サラリーマン等であれば協会けんぽ等、...
  6. 介護保険料・利用料を減免する制度―利用料の減免―負担限度額(介護負担限度額)

    負担限度額とは、所得などが低い利用者に係る食費と居住費の負担の上限額をいい、介護負担限度額とも呼ばれている。負担限度額が定められるということは食費・居住費の軽減制度を利用できるようになるということで、これにより、一般に人に比べると負担が軽減されることになる。これには一定の条件があり、また申請手続きも必要となる。
  7. 介護保険料・利用料を減免する制度―利用料の減免―負担限度額(介護負担限度額)―食費・居住費の軽減

    食費・居住費の軽減とは、介護保険施設とショートステイにおける食費と居住費の負担の上限額=負担限度額が定められることをいう。食費・居住費の軽減を受けるには、市区町村に負担限度額の認定のための申請をして介護保険負担限度額認定証の交付を受ける必要がある。
  8. 介護保険料・利用料を減免する制度―利用料の減免―低所得者のための利用料の軽減

    低所得者のための利用料の軽減の制度はじめに介護保険制度には、介護保険料や利用料を減免(軽減または免除)するための制度があります。このうち、介護保険サービスを利用した場合の利用料の減免の制度には、次のよ...
  9. 介護保険料・利用料を減免する制度―利用料の減免―災害や病気などの特別な理由・事情による利用料の減免

    災害や病気などの特別な理由・事情による利用料の減免の制度 はじめに 介護保険制度には、介護保険料や利用料を減免(軽減または免除)するための制度があります。 このうち、介護保険サービスを利用した場合の利...
  10. 税金が控除される制度―医療費控除

    医療費控除とは医療費控除の定義・意味所得税法上、医療費控除という制度があります。医療費控除とは、生計を一にする家族の1年間に支払った医療費の合計が10万円(原則)を越えた場合、確定申告で申告すれば、そ...



関連コンテンツ



「介護保険の費用③―負担を軽減してくれる制度」カテゴリの位置づけ

現在のカテゴリ:「介護保険の費用③―負担を軽減してくれる制度」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー