認知症の早期発見―目安―「認知症の人と家族の会」による認知症の早期発見のめやす - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。

認知症の早期発見―目安―「認知症の人と家族の会」による認知症の早期発見のめやす

認知症の人と家族の会」による認知症の早期発見のめやす

はじめに

認知症の早期発見は非常に大切であるとされています。

しかし、特に初期の認知症は、これを単なる老化による物忘れ(加齢によるもの忘れ)と区別することは、大変困難です。

そこで、その人が認知症なのかどうかを判断するための、具体的な目安がいろいろあげられています。

認知症を早期発見するための目安

このページでは、「認知症の人と家族の会」が会員の経験からまとめた認知症の早期発見の目安を掲載しています。

 

認知症の早期発見の目安

もの忘れがひどい

 

その他、こういうのもあります。

 

判断・理解力が衰える

 

その他、こういうのもあります。

 

時間・場所がわからない

 

人柄が変わる

 

その他、こういうのもあります。

 

不安感が強い

 

意欲がなくなる

 

その他、こういうのもあります。

 



カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 4 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「認知症の早期発見(認知症の初期症状)」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 認知症の早期発見―認知症の初期症状(軽度の認知症)
  2. 認知症の早期発見―目安
  3. 認知症の早期発見―目安―「認知症の人と家族の会」による認知症の早期発見のめやす
  4. MCI(軽度認知障害)


関連コンテンツ
現在のカテゴリ:認知症の早期発見(認知症の初期症状) の位置づけ

現在のカテゴリ:「認知症の早期発見(認知症の初期症状)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー