言語聴覚療法 - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。



言語聴覚療法

(" リハビリテーション―内容―言語聴覚療法 "から複製)

言語聴覚療法とは 【speech and language therapy

言語聴覚療法の定義・意味・意義

言語聴覚療法とは、ことばによるコミュニケーションや嚥下に障害がある人に対して、その回復を目的として、訓練、指導、助言その他の援助を行うリハビリテーションをいいます。

言語聴覚療法の対象者

ことばによるコミュニケーション(聞く・話す)や嚥下(噛む・飲み込む)に障害がある人

1-1 ことばによるコミュニケーションの障害①聞く
聴覚障害

1-2 ことばによるコミュニケーションの障害②話す
言語障害(失語症)
  • うまく話せない
  • 話が理解できない

音声障害
  • 声が出にくい
  • 吃り(どもり)

2 嚥下障害
  • 上手に噛めない
  • 上手に飲み込めない

言語聴覚療法の目的・役割・機能

コミュニケーション能力や嚥下能力の回復

言語聴覚療法の位置づけ・体系

リハビリテーションのひとつ

言語聴覚療法は、予防医学、治療医学に次ぐ第三の医学といわれるリハビリテーションの内容のひとつです。

リハビリテーションには、言語聴覚療法も含め、次のようなものがあります。



| 現在のカテゴリ:か行 |

現在のカテゴリ:か行

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 2 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「か行」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 居宅要介護者
  2. 言語聴覚療法

関連コンテンツ

現在のカテゴリ:か行 の位置づけ

現在のカテゴリ:「か行」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー