有料老人ホーム―住宅型有料老人ホーム - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。

有料老人ホーム―住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームとは

住宅型有料老人ホームの定義・意味

住宅型有料老人ホームとは、食事などのサービスがついた高齢者向けの居住施設で、単なる居宅として扱われる有料老人ホームをいいます。

 

住宅型有料老人ホームの特色・特徴

介護が必要になった場合は、訪問介護など通常の介護サービスを利用することになります。

したがって、ケアマネジャー介護サービス事業者を自分で選んで、個別に契約する必要があります。

また、要介護度が重度になった場合には、介護付有料老人ホーム特定施設入居者生活介護)より介護費用がかかることになります。

 

住宅型有料老人ホームの位置づけ

住宅型有料老人ホーム有料老人ホームの一種ですが、有料老人ホームには、次の3種類があります。

  1. 介護付有料老人ホーム
  2. 住宅型有料老人ホーム
  3. 健康型有料老人ホーム

 



カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 8 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「介護保険指定事業者―介護保険施設(施設)―老人福祉法」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 老人福祉施設
  2. 老人福祉施設―特別養護老人ホーム(特養)
  3. 有料老人ホーム
  4. 有料老人ホーム―介護付有料老人ホーム
  5. 有料老人ホーム―住宅型有料老人ホーム
  6. 有料老人ホーム―健康型有料老人ホーム
  7. 有料老人ホーム―介護付有料老人ホームか住宅型有料老人ホームかの選択・選び方の注意点・ポイント
  8. 宅老所


関連コンテンツ

現在のカテゴリ:「介護保険指定事業者―介護保険施設(施設)―老人福祉法」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー