介護保険と他の制度との関連―障害者自立支援法 - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。

介護保険と他の制度との関連―障害者自立支援法

障害者自立支援法とは

障害者自立支援法の定義・意味

障害者自立支援法とは、障害者(身体障害、知的障害、精神障害をもつ人)が自立した日常生活や社会生活を営むことができることを目的とした法律です。

 

障害者自立支援法によるサービスの内容

障害者自立支援法で提供される福祉サービスの給付としては、次のようなものがあります。

自立支援給付

福祉サービスの利用料は、原則として、利用者が1割を負担します。

 

地域生活支援事業

 

障害者自立支援法の制定過程・経緯・沿革・歴史など

障害者自立支援は、2006年(平成18年)に施行されました。

 

障害者自立支援制度と介護保険制度との関係

障害者自立支援法の固有のサービス(介護保険にはないサービス)については同法から給付が行われます。

しかし、障害者自立支援制度と介護保険制度とは、運用システムとサービスの内容が似ているところがあります。

そこで、障害者が両制度で重複する内容のサービスを受ける場合には、原則として、介護保険によるサービスが優先して提供されることになります。

 


| 現在のカテゴリ:介護保険と他の制度との関連 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「介護保険と他の制度との関連」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 介護保険と他の制度との関連
  2. 介護保険と他の制度との関連―障害者自立支援法
  3. 介護保険と他の制度との関連―市区町村の高齢者福祉サービス


関連コンテンツ
現在のカテゴリ:介護保険と他の制度との関連 の位置づけ

現在のカテゴリ:「介護保険と他の制度との関連」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー