介護保険料を滞納した場合 - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。

介護保険料を滞納した場合

介護保険料を滞納した場合

概要・概略・全体像

介護保険料を滞納してしまっても、介護保険サービスは受けることができます。

ただし、その滞納期間に応じた利用制限があります。

 

保険料を納期限から1年以上納めていない場合

保険料を納期限から1年以上納めていない場合は、利用者はいったんサービス事業者に費用の全額を支払わなければなりません。

そして、その後、市区町村から9割相当分を償還してもらうことになります。

 

保険料を納期限から1年6カ月以上納めていない場合

保険料を納期限から1年6カ月以上納めていない場合は、保険給付のすべて、または一部を一時差し止められます。

 

保険料を納期限から2年以上納めていない場合

保険料を納期限から2年以上納めていない場合は、未納という扱いを受けます。

そしてその未納期間に応じて保険給付率が最大で7割に引き下げられます。

 


| 現在のカテゴリ:介護保険の費用①―介護保険料 |

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 6 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「介護保険の費用①―介護保険料」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 介護保険料
  2. 介護保険料―分類―第1号被保険者の介護保険料
  3. 介護保険料―分類―第2号被保険者の介護保険料
  4. 介護保険料の納め方―徴収方法
  5. 介護保険料の納め方―実際にはどうやって支払うの?
  6. 介護保険料を滞納した場合


関連コンテンツ
現在のカテゴリ:介護保険の費用①―介護保険料 の位置づけ

現在のカテゴリ:「介護保険の費用①―介護保険料」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー