施設サービス―居室のタイプ―多床室 - [介護]介護保険

[介護]介護保険

介護保険法等による介護保険・福祉制度を中心に介護に関する情報を提供します。



施設サービス―居室のタイプ―多床室

多床室とは

多床室の定義・意味

多床室とは、介護保険施設特別養護老人ホームなどの老人福祉施設において、相部屋となっているタイプの居室をいいます。

ただし、1部屋あたり4人以下です。

その他、共同の機能訓練室、食堂、浴室、談話室などが設けられています。

多床室の位置づけ

多床室は、介護保険施設における居室のタイプのひとつです。

居室のタイプには、多床室も含め、次のようなものがあります。

  • ユニット型個室―共用スペースを併設している個室
  • ユニット型準個室―居室が可動しない間仕切り(天井との間に隙間がある)などで区切られて完全な個室になっていないタイプのユニット型個室
  • 従来型個室―ユニットを構成しない個室
  • 多床室―定員2人以上の個室ではない居室

多床室の特色・特徴

多床室は、医療施設に多いタイプです。

多床室のメリットとデメリット

多床室のメリット・長所・利点・有利な点

多床室のデメリット・短所・弱点・不利な点
  • 個人の生活=プライバシーが保たれない
  • 人間関係のトラブルが発生しやすい
  • ユニット型個室ほど介護体制が手厚くない



| 現在のカテゴリ:施設サービス |

現在のカテゴリ:施設サービス

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 8 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「施設サービス」内のコンテンツは以下のとおりです。

  1. 施設サービス
  2. 施設サービスの分類・種類―介護福祉施設サービス
  3. 施設サービスの分類・種類―介護保健施設サービス
  4. 施設サービスの分類・種類―介護療養施設サービス
  5. 施設サービス―利用料金
  6. 施設サービス―居室のタイプ―ユニット型個室
  7. 施設サービス―居室のタイプ―従来型個室
  8. 施設サービス―居室のタイプ―多床室


関連コンテンツ

現在のカテゴリ:施設サービス の位置づけ

現在のカテゴリ:「施設サービス」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー